蔵書検索
データベース
電子ジャーナル
利用案内
司書講習
愛知学院大学学術紀要データベース

図書の利用方法






≪図書の利用方法≫


館内閲覧

  • 貴重図書その他一部の図書は、館長の特別閲覧許可が必要ですが、それ以外の図書は書庫内のものも含め全て閲覧できます。
  • 車椅子利用者用机が各階にありますので利用してください。

閲覧手続

  • 参考図書コーナー・閲覧室配架図書は自由に閲覧してください。
    <書庫内配架図書は>
  1. OPACにて検索し、請求記号のついている詳細画面をプリントアウトし、学籍番号(またはLIBRARY CARD番号)・氏名を記入して本館2階メインカウンターに提出してください。 (教職員・大学院生は除く)
  2. カード目録によって閲覧希望図書を検索した場合は、本館2階メインカウンター上備付けの館内閲覧票に所定事項を記入して提出してください。


閲覧図書返却手続

  • 館内閲覧の手続きをされた図書については、返却のさいバーコード処理が済んだことを確認してください。
  • 館内閲覧票による貸出分については、返却のさい「学科・学籍番号(または教職員番号、LIBRARY CARD番号)・氏名」を係へ知らせてください。
  • 閲覧室配架図書・参考図書コーナー配架図書は、各自で書棚へ戻さず、フロア各所に設置されている返却台に返却してください。

館外貸出

  • 参考図書コーナー、新館3階配架雑誌、貴重図書、視聴覚資料、未製本雑誌等一部の禁帯出指定の図書を除き、全て貸出できます。

貸出手続

  • 館外への貸出を希望する場合、学生は学生証、教職員(非常勤は除く)は教職員証、その他の利用者はLIBRARY CARDに図書を添えてカウンターへ申し出てください。
  • LIBRARY CARDの交付は1階インフォメーションカウンターで受け付けておりますので、身分証明証を用意してください。
  • 司書・司書補講習生は開講時にLIBRARY CARDを交付いたします。

    注)学生証、教職員証、LIBRARY CARDが無いと貸出ができません。
◇貸出冊数・期間  ※卒業・退職等により、上記身分を失った者は直ちに図書を返却して下さい。
   学内利用者の方へ /    英語版/    学外利用者の方へ /    オープンカレッジ・公開講座の方へ
   名誉教授の方へ /    非常勤講師の方へ /    曹洞宗寺院在住者の方へ /
利用者区分 貸出限度冊数 貸出図書利用期間
○教職員
〔国内留学者を含む〕
50冊 180日間
・開架図書・・・・・・・・30日間
・製本雑誌・・・・・・・・7日間
・未製本雑誌・・・・・・7日
○大学院生
○研究生
〔大院聴講生等含む〕
30冊 60日間
・開架図書・・・・・・・・30日間
・製本雑誌・・・・・・・・7日間
・未製本雑誌・・・・・・7日間
○学部学生
○留学生
10冊 30日間
・製本雑誌・・・・・・・・7日間
・未製本雑誌・・・・・貸出不可
○開放講座受講生
〔学部履修生等含む〕
○公開講座受講生
○エクステンションセンター受講生
3冊 14日間
・製本雑誌・・・・・・貸出不可
・未製本雑誌・・・・・貸出不可
○司書・司書補受講生 3冊 14日間
・製本雑誌・・・・・・・貸出不可
・未製本雑誌・・・・・貸出不可
○CAN加盟館教職員・学生
(ただし、名城公園キャンパス 分館においては一般開放利用 者への貸出は行いません。 ※名城公園キャンパス分館対 象の一般開放は北区・中区・ 東区・西区在住・在勤・在学で高校生以上の方)
3冊 14日間
・製本雑誌・・・・・・・貸出不可
・未製本雑誌・・・・・貸出不可
○短期大学部生
○愛知高等学校生
○愛知中学校生
○歯科技工専門学校生
○元教職員
○卒業生
○曹洞宗寺院在住者
○一般開放利用者
(ただし、名城公園キャンパス 分館においては一般開放利用 者への貸出は行いません。 ※名城公園キャンパス分館対 象の一般開放は北区・中区・ 東区・西区在住・在勤・在学で高校生以上の方)
3冊 14日間
・製本雑誌・・・・・・・貸出不可
・未製本雑誌・・・・・貸出不可

    <禁帯出図書> 次の図書は、館外へ貸出できません。
  • 参考図書コーナー配架図書
  • 雑誌室配架の未製本雑誌及び紀要類(教職員・大学院生は最新号を除き7日間貸出可)
  • 新館3階配架の(法律系)製本雑誌
  • その他「禁帯出(赤丸・紫丸・年鑑・白書)ラベル」貼付の図書
  • ブラウジングコーナー配架の雑誌

貸出図書返却手続

  • オンライン処理で貸出された図書については、図書をカウンターへ返却し、バーコード処理が済んだことを確認してください。
  • 館外帯出票による貸出分については、図書に館外帯出票の帯出者控票を添えて係へ返却してください。
  • 帯出者控票を紛失した場合は、返却のさい「学科・学籍番号(または教職員番号、LIBRARY CARD番号)・氏名」を係へ知らせてください。
  • 開館時間外の図書の返却は、正面入口横の返却ポストへ投函してください。

再貸出手続

  • 館外貸出中の図書の貸出期間を延長したい人は、一度返却手続きをした後、予約が無い場合に限り再貸出できますので、カウンターへ申し出てください。

貸出図書の返却遅延

  • 貸出した図書の返却の遅れは、他の利用者に多大な迷惑をかけるだけでなく、図書館から遅延者への連絡文書の作成、発送等のために本来行うべき利用者サービスに支障が生じます。
    ※貸出図書中の一冊でも返却が期日よリ10日以上遅れると、その後の貸出が停止されますので注意してください。

図書の紛失・破汚損

  • 帯出した図書を紛失、破損または汚した場合は、図書相当額を弁償していただきます。
  • 図書を紛失した場合は、速やかに本館2階メインカウンターへ申し出てください。

ブックディテクションシステム

  • 図書を館外帯出手続きをしないで無断で持ち出そうとすると、警報が鳴り、出口バーが開かない仕組みになっています。
  • 館外貸出の場合は、必ずカウンターで貸出手続をしてください。

≪その他のサービス≫

 ※(一部にサービスは利用者区分によりご利用いただけない場合がございます。)

レファレンスサービス

  • 本館2階レファレンスカウンターでは、利用者の学習上の相談、文献調査、他機関への文献依頼等のレファレンスサービスを行っています。
    ※他機関の利用、複写・貸出依頼の詳細は 他機関利用方法ページで確認して下さい。

インターネット文献検索サービス

  • インターネット上での文献検索ができるように、本館2階レファレンスカウンターに専用端末3台を設置しています。利用したいときはカウンター備え付けの「図書館インターネット文献検索利用申込書」に記入をして、申し出てください。

コピーサービス

  • 図書館情報センターの図書は、その一部を調査・研究の目的で複写(著作権法の定める範囲内で)することができます。
  • 図書館情報センター各階にコピー機(一部、コイン/プリペイドカード併用機)が設置してあります。各自で繰作を行ってください。
    カラーコピー機は、本館2階メインカウンター前にあります。
  • コインは、500円・100円・50円・10円が使用できます。
    プリペイドカード併用機で、カードをご利用の場合、1枚1,000円(100度数)の本学仕様のプリペイトカードを使用してください。
    プリペイドカードは、学内の丸善売店(3号館1階 9:00~16::50 授業期のみ) で購入してください。
  • コピー料金は、モノクロ 1枚10円 ただし A3は1枚20円。 カラー 1枚50円です。
  • コピー用紙のサイズは、A3・A4・B5・B4です。
  • 図書館情報センターでは、両替を行っておりません。ご了承ください。

図書利用予約

  • 利用希望の図書が館外貸出中の場合は、次の貸出を予約することができます。
  • 予約図書が返却されると予約者へ掲示で(必要な方へは電話連絡も可)案内するとともに、返却日より7日間図書館情報センターで取り置きます。
  • 手続きは、予約希望図書の検索画面を印刷し、係へ申し出て下さい。申込み用紙をお渡しします。
  • ホームページからも予約が可能です。Web Campusでご利用のIDが必要です。ライブラリカードの方は、各階カウンターへ申し出てください。

学生購入希望図書サービス

  • 学部学生・大学院生を対象に、図書館情報センターに所蔵していない図書の購入希望を随時受け付けています。
  • 希望者は、各階カウンター(AVカウンターは除く)まで申し出て、指定の用紙に記入してください。
  • 購入された図書は、図書館情報センターに所蔵されます。

利用者ポータルサービス(My Library)

  • 図書館情報センターホームページ上から利用のできる総合ポータルサービスです。
  • 利用状況照会、文献複写や他大学への書籍貸出依頼、レファレンス受付のほか、貸出履歴やMy本棚機能が利用できます。
  • Web Campusでご利用のIDが必要です。ライブラリカードの方は、各階カウンターへ申し出てください。


≪その他≫


CAN私立大学コンソーシアム利用案内


その他

  • 図書館情報センターでは、図書及び資料を使って、調査研究・学習を進めて行くさいに起こる様々の問題について、可能な限り利用者の質問に応じ、援助します。直接本館2階レファレンスカウンターに申し出て下さい。
    ※業務の都合上、電話・電子メール等による照会はご遠慮下さい。

 
 

Top